成功するためには、才能と努力が必要ですが、どちらがより重要なのでしょうか?気になる方は、この記事を最後まで読んでください!


電球を発明したアメリカの『Thomas Edison』にはこんな言葉があります。"天才は1%のインスピレーションと99%の努力で作られる。"この言葉は、『Thomas Edison』のどんな発明よりも有名になった言葉だと言えます。これは多くの人に努力という美徳を強調する言葉として受け入れられ、最近、あなたが失敗する理由はすべて努力不足のせいだというような多数の自己啓発書とともに、成功への希望の種となることが多い。しかし、この言葉は言い換えれば、99%の努力があっても、結局1%のインスピレーションがなければ成功できないという意味としても解釈できる。では、成功するためには努力と才能のどちらが必要なのだろうか。

まず、この2つのうちどちらか一方しか持っていない場合を考えてみよう。まず、努力は成功を保証してくれない。一例として、最近発表された資料を見ると、米国メジャーリーグの1軍選手は平均年俸で425万ドルを受け取り、良い待遇を享受している。しかし、1軍を夢見るマイナーリーグ選手の年俸は7,500ドルに過ぎないという。このような平均にも満たない年俸を受けながら、十数年間2軍、3軍を転戦して引退する多くの選手が1軍選手より努力が足りなかったと言えるだろうか。このようなことは、必ずしもプロスポーツでなくても、私たちの社会で頻繁に観察できる現象だ。しかし、このような現実を見て、結局、優れた才能が成功を保証すると判断するのも間違っている。幼い頃、その卓越した才能で注目された多くの人が、後に普通の人より出来なくなる場合も頻繁に起こるからだ。

結局、成功は努力や才能だけでは成し遂げられないし、両方とも重要だと思う。しかし、だからといって、努力と才能のどちらがより重要かという質問に答えられないわけではありません。結論から言えば、私は才能よりも「努力」が重要だと思います。これにはいくつかの理由があるだろうが、そのうちの一つを挙げると、才能は結局は努力によって発見されると思うからだ。多くの人が才能と聞くと、一般的に幼い頃に体系的な学習を受けなかったにもかかわらず、難しい数学の問題を難なく解いたり、楽器を上手に扱えるなど、特別な才能を持つ人を思い浮かべます。しかし、このような努力なしに自ら発現する才能を持つ人はごく一部であり、彼らの生まれつきの能力が必ずしも成功の土台になるとは言い切れない。むしろ、絶え間ない努力を通じて自分の才能、つまり他の人と同じ努力を投入したときに、より良い結果を得られる分野を見つけ、他人より高い高みに立つことができると信じている。

したがって、成功を望む人は努力しなければならない。ただ、「切望し、絶え間なく努力すればあなたの夢は叶う」という話をするのではなく、「努力にはある程度の方向性が必要である」と言いたい。 つまり、努力した結果がうまくいかなかったら、一歩下がって新しい方向を見渡すことも検討すべき選択肢であるということだ。 なぜなら、この時、もっと努力せずに諦めることは、誰かの言葉通り、成功の目前で諦めることになるかもしれないが、逆に言えば、努力しても才能が足りないために、今後成功する可能性が見えないからだ。したがって、あきらめた後の時間、自分の才能を見つけるための努力をすることができれば、成功に少しでも近づくことができるのではないだろうか。